contact Gonzo,, hey here's another arty propaganda

美術展@京都造形大ギャラリーRAKU

2008-05-07 Wed 01:16:59




美術展参加します。

the first man narrative」という方法で撮影したcontact Gonzoの写真作品(クラブと山奥での撮影)と、垣尾と塚原が2003年に作成したビデオ作品「公園」を上映予定。

この映像は、垣尾優が泉北地域の公園を訪れ、落ち葉をキャッチする様子を淡々と撮影したものです。冬があけ、落ち葉がなくなると、坂を転げたりと違う遊びを開発します。contact Gonzoの原点。

以下概要


\POP/展 
SAYONARA POP, BANZAI NIPPON.
5月14日-5月25日
11:00-19:00(最終日のみ-17:00まで)
京都造形大学ギャラリーRAKU

*出品作家*
後藤靖香・中川原崇志・花岡伸宏
若木くるみ・BACA DESHGIN・contact Gonzo


*関連企画*
5月14日 17:00 オープニングパーティ
5月24日 14:00 Contact Gonzoパフォーマンス/アーティストトーク(作家全員)
会場:ギャラリーRAKU

5月15日−6月3日 \POP/サテライト−NIPPON HAZIMATTA.
会場:BAR超能力/カナリヤプロダクションギャラリー

*概要*
「POPなもの」「かわいいもの」それは日常の混沌を覆い隠す為の機能である。

本来、我々の生活する現代社会の日常は混沌と矛盾に満ちており、死や暴力がいたるところに存在している。しかしその表面にはいつも「POP」が覆いかぶさり、我々の視界を曇らせている。「POP」とは世界と人間がぶつかりあうのを防ぐ為の緩衝材であり、「POP」にまつわる思考停止、それは人間が生きやすくなるためのひとつのプログラムであるといえる。

しかし現在、「POP」にまつわるその機能は破綻しかけていると言わざるをえないだろう。
20世紀の終わりに起こった阪神淡路大震災、オウム真理教地下鉄サリン事件。21世紀に入り、9.11のテロ。ワールドトレードセンターの崩壊と共に我々のぬるい日常も音を立て崩れ去る。今、世界に覆い被さっていた「POP」の膜は2つに裂け、その大きなギャップから混沌が顔をのぞかせている。

我々は今そのひび割れをしっかりと見つめなくてはいけない。世界が(「POP」が)その機能を回復するか、はたまたまったく別の新しい秩序を作り上げるのか今はまだわからないが、未来はいつもそこからしか始まらない。不可能な挑戦と知りつつも、その問題の手触りを繰り返し確かめ続けなくてはならない。だから言おう、さよならPOP、そして、ばんざいにっぽん。

本企画は、一見するとPOPなものを装いつつも、その実、混沌や不条理や暴力や宗教やエロスなど人間社会に潜む様々な問題をテーマとしている現代アーティストの表現を通して、見る人に我々の住む社会(にっぽん)の本質と可能性を問いかける展覧会です。

記録より記憶
を狙いたいです。
是非ご高覧ください!!

\POP/展キュレータ 桜岡聡(旧KiKENプロジェクト)

垣尾優作品、動画公開中!

2008-05-05 Mon 10:31:38

お越しいただいた皆様ありがとうございました。


title:
人間は、手をあげ、ふりおろし、そして、ゆれる


introduction:
風が吹く。何故だ?
動物は笑わない。何故だ?
千葉県はヨウ素の産出量世界一だという。何故だ?
50mのロングシュートを決めたヨハンクライフの脚は細い。何故だ?
納得する技術でもって静かに何かを狙う虎のような。
天気が今まさに変わった変わらない瞬間のような。


credit:
白藤垂人(hitori工務店)
塚原悠也(contactGonzo)
三ヶ尻敬吾(contactGonzo)
垣尾優(contactGonzo)


初演:
26.Apr 2008
ダンスの時間19
ロクソドンタ


16:00-



19:00-


test

2008-05-02 Fri 23:58:58




test

[test]の続きを読む

関係者用/プロフ、画像

2008-05-01 Thu 09:12:33

gonzo profile


June 2008 現在最新版
写真クレジットは「contact Gonzo/the first man narrative」




contact Gonzo/痛みの哲学 接触の技法

プロフィール

2006年、垣尾優と七九式こと塚原悠也は扇町公園(大阪市)で 、ある確信を持っておごそかに殴り合い、contact Gonzoが突如始まる。朦朧としながら訳もわからず「痛みの哲学、接触の技法」を謳い、愛と存在についての活動を行う。
また、contact Gonzoを行いながらお互いの猛々しい姿を写真に収める「the first man narrative」という方法を開発し、大量の写真撮影も行っている。

2007年mikahip-k、参加。
その後、多くの負傷と引き換えに聖地扇町公園にて兎の毛皮で出来たcontact Gonzo法典の第1章を完成させる。
2008年加藤至、参加。
ヘルシンキ、南京、横浜、ソウルなどに遠征予定。


contact Gonzo official blog
「contact Gonzo,,hey here's another arty propaganda」
http://contactgonzo.11.dtiblog.com/

contact Gonzo official YouTube account
http://www.youtube.com/user/yakk79


参考資料

log osaka インタビュー
http://www.log-osaka.jp/article/index.html?aid=292

築港arc インタビューmp3音源
http://www.webarc.jp/arc_audio/mp3/arcaudio20071106.mp3
http://www.webarc.jp/arc_audio/mp3/arcaudio20071113.mp3
http://www.webarc.jp/arc_audio/mp3/arcaudio20071120.mp3
http://www.webarc.jp/arc_audio/mp3/arcaudio20071127.mp3


略歴

2006年
>扇町公園で垣尾優と塚原悠也がコンタクトインプロヴィゼーションの稽古を始める
>殴り合う
>ダンスサーカス100連発参加(主催:DANCE BOX)
>吉原治良賞記念アートプロジェクト2008参加(主催:大阪現代美術センター)

2007年
>三ヶ尻敬悟加入
>アートカレイドスコープ 大大阪に会いたい参加(主催:大阪現代美術センター)
>ロートレック展関連パフォーマンス参加(主催:サントリーミュージアム)
>びわ湖ホール夏のフェスティバル ダンスピクニック参加
>720@PAMO AWARD 大賞受賞(主催:大阪21世紀協会主催)
>HARAJUKU PERFORMANCE+参加 (キュレーター:桜井圭介)

2008年
>吉原治良賞記念アートプロジェクト2008 最終実施プロジェクトとして採択(主催:大阪現代美術センター)
>POP展参加 京都造形大 ギャラリーRAKU
>加藤至加入
>PANTALOON(大阪/中津) パフォーマンス月間参加
>フィンランド遠征