contact Gonzo,, hey here's another arty propaganda

フィンランド滞在中。

2008-07-26 Sat 05:51:13

フィンランド滞在中の様子は、主にコーディネーター山本さん(ゴンゾの母)にお送りする報告を掲載する形で行っています。
こちらをご参照下さい。
http://gonzo2008.exblog.jp/


森に住んだり。
大使殿にお会いしたり。
パンと水だけ、とか。
トナカイ。
蚊。
核シェルター。
太陽。
沈まない。
そんな日々です。


明後日は、現代美術館の横でフィンランド納めのゲリラパフォーマンス。
大使館も告知に参加してくれてる。
http://www.fi.emb-japan.go.jp/jp/kobun.htm



そして帰国直後、いとうせいこうナイト!!!!
無理矢理にでもいわしにいきます。
まだおれら煙臭いかもね。
森の生活で。
http://precog-jp.net/2008/06/_with_adx.html


あ、チケット売り切れてるやん。。。

ともかく無事に帰国します。

[フィンランド滞在中。]の続きを読む

contact Gonzo による舞台作品概要発表(PAMO@720 アワード)

2008-07-16 Wed 16:53:31


↑pc/mac用 wallpaperです。このままダウンロードしてご利用下さい。





contact Gonzo
" the vanishing paragraph and the clouds of hell "


PAMO@720 アワード グランプリ受賞記念公演

日時
9月6日(土) 19:00開演
開場は30分前、受付開始は60分前

料金
前売2000円/当日2200円

会場
OBP円形ホール



contact Gonzo による牧歌的崇高論、その実践。
contact Gonzoは表現ではなく「景色」なのではないかという仮定。
その場合これは芸術ではなく「風」だ。もしくは「虹」だ。
淡々と生まれ、なくなる。
景色を、出来事を生み出す、自我では届かない法則性。
意志と意志の衝突によるアクシデント、その瞬間。
墜落する美学。
なぜ立つ。
なぜ落ちる。
なぜ語る。
なぜ考える。
なぜ光る。
なぜ静か。
なぜ建てる。
なぜ脱ぐ。
なぜ飲む。
なぜ走る。
なぜ飛ぶ。
なぜ殴る。
なぜ虹を見上げる。
その仕組み。

崇高の概念に関して>
概略的には、巨大な対象を目前にした時に生じる、構想力(想像力)と理性の不調和による苦痛が、そうした対象をなお超えてある理念を思考させ、そのとき理性がより高次の快を得る、というものである。

それは、以下の人物達による




臼井沙代子/エイチエムピー・シアターカンパニー
白石紗知子

白藤垂人/hitori工務店

三浦あさ子
艸【sou】岸田緑

中嶋佑一/artburt

西川啓一/VJ (監修:甲斐賢治)
the Mekong Tiger (and the great paradox)

きゃない

contact Gonzo
垣尾優
三ヶ尻敬悟
加藤至
塚原悠也



協力:山本麻友美、正木祐介
チラシデザイン:塚原悠也(contact Gonzo)
↑協力:野添貴恵


主催:大阪21世紀協会


開催概要
日時:9月6日(土)19:00開演
開場は30分前、受付開始は60分前

会場:OBP円形ホール (大阪市中央区城見2-1-61)

アクセス:
地下鉄長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅4番出口より徒歩1分
JR環状線大阪城公園駅より徒歩7分
京阪線京橋駅より徒歩7分
JR東西線大阪城北詰駅より徒歩9分
JR京橋駅西出口より徒歩7分
料金:前売2000円/当日2200円

チケット予約 / お問合せ先
メールでご予約の場合、 お名前、 ご連絡先、 ご希望枚数をご記入ください。 返信をもちましてご予約の完了となります。 チケットは全て公演当日、 受付でのご清算となります。

財団法人 大阪21世紀協会 ・ コラボレーショングループ
phone:06-6942-2004 (当日連絡先:090-7873-9681)
e-mail:pamo2007g@osaka21.or.jp

contact Gonzo @ Helsinki

2008-07-09 Wed 11:23:14


無事にヘルシンキ。
誰にもよばれてないのにな。
きたったぜ。
キッズがおもしろい。

ノキア工場跡のアートセンターに行ってきます。
http://www.kaapelitehdas.fi/

ビデオ出品

2008-07-04 Fri 22:08:55

明日、京都でイベントです。
パフォーマンスはしませんが、今回は去年のHARAJUKU PERFORMANCE +、雨の中のポートアイランド、の映像を出品します。
HARAJUKU PERFORMANCE +は、下手フットサスの下という好条件でこれまでで最も寄った映像なので魚眼が活きました。
youtubeでは未公開のモノ。
もうすぐ売るんで買って下さい。

主催の「muzz」は吉原賞で仲良くしてくれた高橋耕平さんが関わるスペースです。
http://www.muzz.tv/index.html


videorelay


2008年7月5日[土] 18:30〜
マズ プログラムスペース初のイベント企画となるMigakikko Presents”Video Relay”。
国内外のアーティストによるビデオ作品上映、”Migaki-Bar”なるバースペース。またDJによる音楽など、パーティー形式のイベントを開催します。
お気軽にお越しください。

Migakikko みがきッコ
森美術館「笑い展」参加アーティストの山本高之とオルタナティブスペース「muzz」メンバーの出口尚宏によるユニット。2007年のドクメンタ12マガジンプロジェクト「Metronome presents -Living NewsPaper-」に正式招待、2008年art & river bankにて個展を行うなど精力的に活動。
http://www.migakikko.com

出品作家
Aeneas Wilder
Contact Gonzo
Eleni Kamma
Futo Akiyoshi
Kohei Takahashi
Linda Dennis
Migakikko
Nooshin Farhid
Peter Lewis
Makiko Nagaya
Steven Mykietyn
Takayuki Yamamoto
Tomoko Nagao + (b)ananartista
Wah
Yasuto Masumoto

主催:みがきッコ、マズ