contact Gonzo,, hey here's another arty propaganda

文化予算に関する仕分け、への応答。

2009-11-18 Wed 13:42:46

国の文化予算をいっさい使わずに育つ現代美術家、
コンテンポラリー・ダンサー、というのもカッコいいよね。

行政の文化政策的には「マッドマックス2」みたいな状況で育って
海外とかでてめっちゃリスペクトされる、みたいな(笑)。
実際そういう作家はいろんな国にいる訳ですが。
その人がカッコいいほど、国の印象はガタ落ちですよね。



「事業仕分け」を行った評価コメントおよび評決結果は以下に。
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/3kekka.html

仕分けしようとしていまさら「効果の計り方がわからない」とのことらしい。
つまり、評価チームなり出資側が現場には誰も行っていないということですよね。
(企業メセナの方々はそこら中でお会いできてお話もできるんですが。)


このニュースは、橋本知事の芸術文化に対する姿勢、発言をうけて
contact Gonzoは地元の大阪でのパフォーマンスを全部ストライキ
しようかと考えていた事を思い出した。

((あとは関西でダンサーの労働組合とかも必要だなと最近感じる。
美術家も相当ヤバそうですがギャラの値上げ(泣)や、ここ数年
こっちでよく聞く、プロデューサーの意向で作品の中身を変更
せざるを得ないという意味不明な状況等をぶっ壊していきたい。
まぁそのまえに作家なら変えるなと言いたいが。。))


それにしても今回の一番の突っ込みどころは
コメントの「芸術は自己責任。」ですかね(笑)。
こんなん出したらあかんでしょ、むこうさんの作戦的には。
そもそも意味がよくわからない。
「飛び降りるのは自己責任。」みたいなこと?


このあたりのいろいろな問題をタイミングよく扱っているのが、ここでしょう。
あぁ、ちょっと終わりかけ。。。
豪華な人選。
流石です先輩。
http://arts-npo.org/aas/AAF2009-C.htm



以下、友人のブログから転載します。


今回の「事業仕分け」で国の文化予算が約100億円削減との評決が出て、
(芸文基金とかばっさり!)文部科学省が意見募集をしています。

▼行政刷新会議事業仕分け対象事業についてご意見をお寄せください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm

▼「事業仕分け」を行った評価コメントおよび評決結果は以下に。
http://www.cao.go.jp/sasshin/oshirase/h-kekka/3kekka.html

▼より詳細な資料等は企業メセナ協議会のブログから。
http://mecenat.jugem.jp/

それで、文科省の意見募集の締め切りが12月15日となっていますが、
本日、文化庁に確認したところ、それは来年度予算全体の締め切りであって、
実際のところは、今週、19・20日におこなわれる行政刷新会議の本会議で
鳩山首相も出席のうえ、文科省の予算削減の件については、
おおよそを決定するのではないか、とのこと。
なので、その前に少しでも多くの意見を携えて、
文科省大臣・副大臣としては会議に臨みたいそうです。