contact Gonzo,, hey here's another arty propaganda

おまえがどこからきたどんなやつか、知りたい。

2009-05-25 Mon 15:55:55

引き続き、またセカンドライフ的な話で悪いのですが、ちょっと考えていたのは逆にVR的世界を利用して「何回投げても絶対立っているエビアンのボトル」というプログラムも開発しようと思う。パフォーマンス中によくエビアン投げるんやけれども、全部ピタって立ってたらと思うとわらけてきます。わらけてきませんか。「ピタっ!!」て、絶対立ってるんですよ。たぶん5回目くらいから、やってる方が先に笑てしまいますが。

初めてラフォーレ原宿でやったときに、客席から転がり落ちたエビアンが立っていたことがあって、前列でそれが見えてたほんの数人だけがめっちゃ盛り上がってたことがあって、そういうのをゴンゾは「呼び込む」と呼んでいます。
「呼び込む」ためには「素直に生きる」くらいしかできないんですが、ゴンゾは基本それ頼みなので必死に素直に生きています。


去年の話ですが、別府でゴンゾしたときの映像アップしました。
これはは、ゴンゾを見に来てくれる予定だった人にお願いしてデジカメで朝起きたときからゴンゾみるまで3分おきに撮影してもらった素材で作った物です。
お弁当、おいしそう。
煮た魚に豆腐を入れるのはありや。うんうん。


さて、別府に関して、、
大分に到着して、別府に行くまでにJRに乗るか「ホバークラフト」に乗るか選択できる。ゴンゾは「ホバークラフト」乗り損ねた。とても後悔している。「ホバークラフト」って、、口にするだけでかっこ良くないか???
対バンのアーティストに「ホバークラフトで来てん。」と、言うだけでもう勝ってる。
逆にそれ言われたらもう負けやな。
別府は室伏鴻さんとも一緒だったんだけれども、室伏さんに「ホバークラフトで来てん。」ともし言われてたら、すごい×すごい、でヤバかった。ていうか仮にその事実を黙ってはっただけやったら、さらにヤバいな。



↑室伏先生、ヤバい!!