contact Gonzo,, hey here's another arty propaganda

ゴンゾと飯。

2009-08-04 Tue 20:04:49

どこ行ってもとにかく飯にありつけたらなんとかやって行けそうだと思う事が出来る。
ごはんはとてもとても重要だ。

no food、no tour。
no tour、no food。
very、important。



ヘルシンキ、南京、ソウル、シンガポールや国内のツアーの飯と街の食材の様子。2008-2009

メンバーへ。

2009-08-03 Mon 08:11:54

あった。


ついでに。



ビースティこそが一番カッコいいコンテンポラリー・アーティストである。

課外活動/塚原金粉写真

2009-08-03 Mon 08:06:58

なんと人のフリッカーに我々が。
なつかしい、去年のメトロ。

Funny guys
「今日は銀の人から、金の人への昇格試験です。」
(金の人になれたらキングギドラのパンツがもらえる。で、この中で一番偉い人は後ろの赤いひとらしい。→途中で赤どうらんなくなってちょっと肌色。)

Funny guys
「はいはいはいはい。(ループしながら今日の段取りを思い出している)」

Funny guys
「シェケな!!(つまりだいたい思い出した)」

Funny guys
(引き続き、試験中。)

その後、銀の人たちこわれる(フルメタルジャケット的に)。

Funny guys
「(あ、ひとり生きてるやん)じゃぁお前合格。」

赤い人、笛吹いてる。。。(どっちかいうと地獄の黙示録的)

とこんな感じでいつも必死です。
そしてこの日、偶然メトロの真ん前で出会った人がこの人。
ヘルシンキぶり!!
http://d.hatena.ne.jp/nori54/20081013

カニングハム、ニヒリスト、リビングシアター。

2009-08-02 Sun 09:17:10

「芸術形態を隔てる垣根は、天気のようなもの。はっきり分ける事ははできない。」と言ってるジョンケージに勇気づけられる。
理性的に間違いを生成しようとするような作家が、天気の話をするとは思っていなかった。
ゴンゾは昔から、天気崇拝のところがある。(なんじゃそれ。)
マースカニングハムのインタビューを立て続けに見てる最中に発見。
カニングハムについては、教授と京都賞についていつも「なんでカニングハムとちゃうねん。」と一緒に文句言うてた。


それにしても学生時代にYoutubeがあればなぁ。
ぼくは誰よりも、リビングシアターやニヒリスト・スパスム・バンドの研究を一番したかった。。。リビングシアターは文章しか集めてなかったけど考え方の上で一番影響受けている。もうむちゃくちゃな感じ。とくに最初の頃がやばい。
せやけどあまりにも手元に資料がなさすぎた当時は。




BOGULTAの卒業式。

2009-08-01 Sat 17:48:33



BOGULTAのヨシカワショウゴさん卒業式がしめやかに行われます。
なんで俺が宣伝しとるネーン。
以下ひっぱってきました。
シャングリラであいましょう。


『macaroni!!! high school 〜ヨシカワショウゴ、涙のBOGULTA卒業式編〜』
2009年8月16日(日)@大阪・梅田Shangri-La(http://www.shan-gri-la.jp/)

OPEN/17:00 START/18:00
前売/3,000円 当日/3,500円(共にドリンク別)、高校生以下無料(学生証提示!ドリンク別)


●出演
BOGULTA

ドラびでお×七尾旅人×あふりらんぽ 
※各ソロもあり!!!

国府達矢バンド(国府達矢、一楽誉志幸、小島誠也、ヒロナカスグル)

※七尾旅人ソロは「七尾旅人 with DORIAN」です!


【整理番号有り】*各プレイガイド6/27(土)〜発売開始!
Shangri-La WEB、ぴあ(Pコード:330-298)、ローソン(Lコード:55753))、イープラスにて取り扱い有り。
店頭予約はShangri-La WEB、マカロニレコードまで。

梅田Shangri-La(info@shan-gri-la.jp)
macaroni records (macaroni.records@gmail.com)

※必ず公演日名、お名前、お電話番号、枚数をご記入の上、お申し込みください。


BOGULTAのベーシストとしてマイペースに活動していたヨシカワショウゴが電波ボーイ学の単位を無事に取得し、遂にBOGULTA卒業となる記念すべきラストライヴ!!!

そして!
在校生として、ドラびでおに七尾旅人にあふりらんぽという未だ何をするか全く未定の予測不可能なセッションで第一期BOGULTAを送り出す!!!送辞として各ソロもやる予定!!!

さらに!
新入生として、1999年にMANGAHEADとしてメジャーデビューを果たし、そして昨今ではSalyuへの楽曲提供が話題となった国府達矢が FRATENN一樂誉志幸、小島誠也とGeGeGeGeQuartetのヒロナカスグルを率いて国府達矢バンドとしてマカロニハイスクール初登場!!!



夏、秋、金粉スケジュール。

2009-08-01 Sat 17:42:14


塚原は引き続き、金粉で課外活動です。
シーズンですね。


新世界ゴールデンファイナンス、見参。 from Shinsekai Golden Finance on Vimeo.




8月15日

http://akashikeisuke.blog87.fc2.com/

大日本革命日〜初潮〜@club stomp http://www.club-stomp.com/
2009.8.15(土曜)22:00〜
前売り1000円 当日1500円

LIVE
kacica
しゃかりきコロンブス.
クリトリックリス

DJ
Mighty mars
佐藤タカマサ
マツマエキヨシ
DJおきなわ(革命家メザマシアカシ)
KOTA(night clusing)

パフォーマンス
新世界ゴールデンファイナンス
歯みがきっ娘(band-aiz)

Food
Aroa

Deco
コタケマン


8月29日

「コンテンポラリーダンス in 新長田」
あれ、まだ詳細見つかりませんが、やります。

地元の高校のダンスクラブも参加するらしい。
金のおっさん達が、後悔させてやるぜ!!


9月5日、6日

きらびやかです、この企画は。
少し目のやり場に困る(困らない。うん。)舞台裏です。
去年は塚原が不可解なソロシーンやりました。

2009.9.5(sat) - 6 (sun)   四天王寺 一心寺シアター倶楽
一心寺シアター倶楽企画特別エンターテイメント企画 キャバレー ラ・ルージュ 第3弾
BLUE ROSE Dance Project
「 La Revue de Cabaret 」

5(sat)  18:30
6(sun) 15:00start
table seat : adv ¥4000- / door ¥4500-
regular seat : adv ¥3500- / door ¥4000-

出演
飯干未奈
Miss Cabaretta
マユリ・ユキコ
新世界ゴールデンファイナンス
tAma
ミス・サリバン
舞踏派詩人マーべラス
ブルーノ
真咲凌
Dance Company BLUE ROSE


10月10日

水都大阪2009

http://www.bunkaza.suito-osaka2009.jp/


船でやるらしい!!
火吹くらしい!!

8月8日、9日 高嶺さんAI HALLで作品発表

2009-08-01 Sat 17:17:08


ゴンゾ塚原が一日だけワークショップで参加させていただいた作品が伊丹のAI HALLで発表です。どんな作品になるのか楽しみです。
見に行こっと。

ぼくは、ワークショップという仕組みにあまり賛同していなくって今まで受けた事がないのですが、作品の創作過程に呼んでいただくというのはとてもやりがいのある事だと思いめっちゃ頑張って考えました。といっても、僕らが公園でやっているような事をゆっくりやったということですが。
ていうか、一回しか行ってへんのに公演の日程をずいぶん前から気にして、それから泣かしてしまった女の子はどうしてるのかな、とか。。。


以下、高嶺さんのwebから引用です。



http://www.takaminet.com/

新作パフォーマンス制作中です。
これまでは、授業やオーディションで「たまたま集まってきた」人と作っていたわけですが、今回、はじめて自分の手で出演者を選ぶことになり、はたと困った。
「一緒にいたい人」と、「一緒に舞台を作りたい人」はぴったり一致するわけでない、ということと、なにより今回もまた、ストーリーやコンセプトを決めないまま始めているからです。
どんな作品になるかわからないままにパフォーマーを選ぶ、というのはとても難しい。
今回、最初に声をかけたのが、上海のアートフェアでたまたま出会ったDearbornで、彼女がたまたまタイ人だったのを縁にタイに出かけ、出会った中から数人を選びました。
しかしそもそもDearbornは舞台に立った経験がない。
どうなるかわからんけど面白そうだから誘ってみた、という。
なんという意志薄弱、と怒られそうですが、最後にはダルマの目のようにちゃんと意思が入るはずで、その意思がどんなものになるかというのは、以下出演者とスタッフによる。
そんな作り方。ご期待ください。

新作パフォーマンス『Melody♡Cup』
出演:Dearborn K. Mendhaka、Pakorn Thummapruksa、Ratchanok Ketboonruang、Preeyachanok Ketsuwan、Nattiporn Athakhan、朝倉太郎、伊藤彩里、木村敦子、トミー(chikin)、ニイユミコ(花嵐)、諸江翔大朗、児玉悟之
スタッフ:舞台監督_尾崎聡、照明_葛西健一、音響_山崎伸吾、システム_小西小多郎、宣伝美術_木村敦子
日時:2009年8月8日(土)7:00pm、8月9日(日)1:00pm/5:00pm
料金:一般前売2,500円、当日2,800円 学生&ユース(25才以下)前売2,000円、当日2,300円
*9日1:00pmの回に限り、18才以下、60才以上入場無料(要事前予約)
取扱:JCDNダンスリザーブ、チケットぴあ
会場・チケット予約・お問い合わせ:アイホール(伊丹市立演劇ホール)